【株式投資】164万円を100億円超にした男

その男の名はBNF(ビー・エヌ・エフ、1978年(昭和53年)3月5日 – )。東京都港区在住。本名は非公開。「BNF」の呼称は当人が使用している2ちゃんねるでのハンドルネームから来ている。マスコミなどでの通称は「ジェイコム男」であるが、ネット上ではほとんど使われていない。

BNF写真(出所:http://www.kinyu-arekore.net/wp-content/uploads/2013/09/BNF001.jpg)

お年玉とバイトの資金で株式でのトレーディングを開始。BNF氏は株式の値動きをストイックに1日中眺めることで独自の理論を構築することを目指した。当初は富士ソフトABCと愛眼を長期保有していたが、「ITバブル」により株価が乱高下。1日から数日で利益を出すスイングトレードの方が儲かると察知し、2銘柄とも売却し、短期売買に方針変更。2000年10月に164万円だった資金は、2000年末には279万円に増加。その後、3,000万円程度までは、1銘柄か2銘柄しか買わずに分散はしていなかった。

2001年は「ITバブル」の崩壊で株式市場は大幅な下げ相場となった。しかし、BNF氏は下げ相場だけに通用する「逆張りスイング術」を完成させ、急激な下げの後に訪れるリバウンドを利用するトレード法を確立。クラリオンや住友重工、ミノルタなど、当時下げのきつかった銘柄を選んで売買し、資産を約20倍の6100万円にまで急増させることに成功した。2001年12月に低位株が大暴落してリバウンド取りで 資産が3000万円台から6000万円台に増えた際、資産の乱高下が激しくなり、分散投資の大事さを 思い知ってそれからは1銘柄2銘柄に資金集中させるという 大胆な取引はしなくなった。

2002年は序盤に日経平均が上昇し、5月には資産が1億円を突破したものの、後半にかけて一気に減少。独自に確立した下げ相場の「逆張りスイング術」が通用しない場面も多く、苦戦し8,000万円台で低迷していた。後半の下げ相場で、大手銀行株など、当時下げがきつかった銘柄を選んで逆張りに成功し、再び巻き返し始めるが、9600万円止まり。親に就職を勧められ、資産も伸びず精神的に厳しかった時期だった模様。

日経平均が7,000円台を付けるほど下がり続け、世間は不安一色になったが、BNF氏はその後の上昇を見て”ここが底だ”と判断。手法を上げ相場の「順張りスイング術」に変更した。この相場観の転換が功を奏し、東証1部の大型株や新興市場株の相場上昇に乗り、2億円近い利益を得る。このときは、値動きが似ているグループ株を抑え、1つの銘柄が上がりだすと他の銘柄も上がりだす。いわゆる連れ高と呼ばれる現象で、それを狙って利益を得ていた。日経平均株価が上がりだすと、鉄鋼なら前兆としてどれかが上げ始める。上がっていない銘柄があればそれに買いを入れる。日経平均先物が急騰したら日経平均に連れ高する主力株を買い、急落したら主力株を売るという戦法だった。

2004年の日経平均は横だったが、BNF氏は「順張りスイング術」を洗練し、コンスタントに数億の巨利を得る。大型株の動きがあまり良くなくなってきたので、仕手っぽい株や、フィディック、タカラバイオなどのIPO銘柄など個別に盛り上がっている株を中心に売買し、10億円近い利益を得た。

その後、1日30~50銘柄程度を持ち越し、次の日の朝利益確定又は損切り、及びその日強い株探して持ち越して次の日、利益確定又は損切りの繰り返し。次の日に勢いある内に手仕舞い、他の順張りできる株探す。流動性がある株はファンダメンタルを気にせずになんでも買った。3月はほとんど休みなく行った。2億円~3億円平気で持ち越すスタイルが下げ相場で通用するとは 思ってないとも語っている。相場は下手糞に徹した方が儲かる事が良くある感じがすると言っている。株の恐さ分かってるうまい人ほどこの相場には中途半端にしか乗れないという。

そして、2005年の夏以降、日経平均が急上昇。その上昇を支えたのは住友金属などBNF氏が保有している大型株。これにより、7月には42億円、8月には48億円、9月には68億円と資産が急増。ジェイコム株を買う12月には約80億円に達していた。その他、シンワアートオークションなどIPO銘柄の利益もあり、年末までに資産は100億円に到達した。

そして、日経平均株価がバブル後最安値を更新した2008年10月、資産を210億に増やした。10月には、秋葉原駅前のの商業ビル「チョムチョム秋葉原」の所有権を90億円程度で取得した。転売や賃料収入に期待しているわけではなく、資産分散が目的としている。

その後、敷地面積800平方メートル、商業ビル「AKIBAカルチャーズZONE」を推定170億円で購入。これにより、以前購入した「チョムチョム秋葉原」と合わせて不動産の資産だけで260億円に達した。

さらに、渋谷センター街の入り口から150mほど入った交差点の角地にビルを購入。全国的にも有名なセンター街のど真ん中とも言える場所で、渋谷駅から徒歩3~5分程度の土地にビルを所有した。

また、BNF氏の1日のスケジュールは以下の通り、

8:15起床・銘柄チェック
9:00前場の取引
11:00銘柄チェック
11:30昼食
12:00銘柄チェック
12:30後場の取引
15:00銘柄チェック
16:00散歩・夕食・テレビ鑑賞
2:00睡眠

株式投資 星ON星ON星ON星OFF星OFF 3.8
株式投資とは、東京証券取引所などに上場している企業の株式を売買することで、その売買差益を収入にする副業です。売買できる株式はトヨタ自動車などの大企業から、サイバーダインなどの将来の成長が見込めるベンチャー企業まで様々です。株式投資では、収入に係る税金の額が20%と固定であるため、税金の観点でメリットがあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

みんなのコメント

何も見つかりませんでした。