【株式投資】株価の季節性分析(9月頭に売却し、12月頭に購入する)

日経平均株価のパフォーマンスを1990年から月次で集計しました。

株価の季節変動

Sell in May、2010年から3年連続で5月頃に欧州懸念が再燃して相場が大きく下げたことをきっかけに、アノマリーとして5月相場の下落を懸念している投資家が増加しています。一方、過去1990年から分析してみると9月に最も相場が下落していることがわかります。

株価の季節変動

9月に相場が下落する要因は、ファンドの決算が近いことが挙げられます。米投資信託は10月決算が多く、損益通算のために9月頃から株式の売りが生じるためであると考えられます。さらに、ヘッジファンドを中心に解約対策のための現金確保を目的とした換金売りも相場の下押し圧力となります。

2012年までの集計では、5月のアノマリーはそれほど強くないと考えられますが、市場参加者も直近の記憶ほど鮮明に覚えていることを考慮すると、5月は少し相場の調整の可能性を意識したトレードも増加するかもしれません。

株式投資 星ON星ON星ON星OFF星OFF 3.8
株式投資とは、東京証券取引所などに上場している企業の株式を売買することで、その売買差益を収入にする副業です。売買できる株式はトヨタ自動車などの大企業から、サイバーダインなどの将来の成長が見込めるベンチャー企業まで様々です。株式投資では、収入に係る税金の額が20%と固定であるため、税金の観点でメリットがあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

みんなのコメント

何も見つかりませんでした。