【株式投資】積み立てシミュレーション

毎月5万円、10万円を積み立てた場合のシミュレーションです。
運用益には20%の税金がかかることを前提にシミュレーションしました。

普通預金で積み立てていた場合、40年後にはそれぞれ2,400万円、4,800万円の資産形成が可能です。一方、アクティブに株式等で運用すると、1億5,905万円、3億1,811万円の資産形成が可能です。

年率10%は難しいとしても毎月10万円を預貯金で積み立てた4,800万円と比較し、アクティブ運用を行っていれば毎月5万円を積み立てた場合でも1億円超になります。

つまり、年収が2倍異なったとしても資産運用することで、倍の年収を稼いで預金している人より長期では資産形成で勝つことが可能になります。

assetmgt

株式投資 星ON星ON星ON星OFF星OFF 3.8
株式投資とは、東京証券取引所などに上場している企業の株式を売買することで、その売買差益を収入にする副業です。売買できる株式はトヨタ自動車などの大企業から、サイバーダインなどの将来の成長が見込めるベンチャー企業まで様々です。株式投資では、収入に係る税金の額が20%と固定であるため、税金の観点でメリットがあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

みんなのコメント

何も見つかりませんでした。